WordPress

さくらインターネット レンタルサーバー /  無料SSLでWordPressサイト構築

投稿日:2018年12月30日 更新日:

バリュードメインで独自ドメインを取得した後、さくらインターネットで無料SSLを使ってWordPressを設定するまでの流れを説明します。

バリュードメインでドメイン取得

まずバリュードメインでドメインを取得します。

ドメインを取得したら、ネームサーバーを設定します。

ネームサーバーを設定しないと、ドメインを使うことができません。

ネームサーバー

この後、さくらインターネットで独自ドメインを設定するには、下記のように設定しておく必要があります。

ネームサーバー1 ns1.dns.ne.jp

ネームサーバー2 ns2.dns.ne.jp

さくらインターネットで設定

サーバーコントロールパネルにログイン。

「ドメイン/SSL設定」をクリック。

「新しいドメインの追加」をクリック。

「5.他社で取得したドメインを移管せずに使う」で設定します。

バリュードメインで取得したドメインを下記で設定します。下記の「ネームサーバー1、2の設定が、バリュードメインで行ったネームサーバーの設定になります。

最終確認が出ます。

次に、詳細設定に進みます。

「マルチドメイン」を指定します。「指定フォルダ」は独自ドメインで運用するコンテンツのファイルが、さくらインターネットで借りているサーバーのどこに物理的に置かれるのかという場所の指定です。

次はSSLの設定です。「ドメイン/SSL設定」をクリック。

該当するドメインの行の「登録」をクリック。

「無料SSLの設定へ進む」をクリック。

「無料SSLを設定する」をクリック。

無料SSLの証明書が発行されるのを待ちます。

しばらく待っていると、登録したメールアドレスに通知が届きます。

WordPressの設定

SSLの準備ができたところで、WordPressの設定に入ります。まずは、データベースを設定します。

下記のようにデータベースを設定します。

「クイックインストール」→「ブログ」でWordPressのインストールに進みます。

WordPressをインストールします。

下記の「インストール先」のドメインは、独自ドメインではなく、さくらインターネットのドメインになります。

必要な情報を入力してWordPressをインストールします。

さくらインターネットには、常時SSL化のプラグインが入っているので、これを使用して、httpsのWordPressサイトを作ります。

「プラグイン」→「インストール済プラグイン」→「SAKURA RS WP SSL 」と進んで、有効化してください。

「設定」→「SAKURA RS WP SSL 」で設定を行います。

下記の2箇所のチェックボックスにチェックを入れて設定します。

「共有SSL利用している、もしくはSSL証明書を購入してレンタルサーバーコントロールパネルから設定した」にチェック。

「実際にSSLを利用してサイトと管理画面へアクセスできる。」にチェック。

最後に、httpsでBlogのURLを下記のように設定すれば、設定は終了です。「WordPressアドレス」「サイトアドレス」は同じ記述で大丈夫です。

-WordPress
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さくらインターネットのレンタルサーバーのWordPressで「HTTP ERROR 500」が表示されたら

さくらインターネットのレンタルサーバーのWordPressで「HTTP ERROR 500」が表示される場合の考えられる原因について書かせていただきます。 次の例と同じような状況であれば、原因はPHP …

WordPress で TwitterOGP を簡単設定(プラグイン利用)

プラグイン「Yoast SEO」を導入して有効化します。 「SEO」→「ソーシャル」→「Twitter」タブを開いて、「有効」になっている状態で「変更を変更」をクリックすれば、設定は完了です。 これで …