WordPress

さくらインターネットのレンタルサーバーのWordPressで「HTTP ERROR 500」が表示されたら

投稿日:2018年12月30日 更新日:

さくらインターネットのレンタルサーバーのWordPressで「HTTP ERROR 500」が表示される場合の考えられる原因について書かせていただきます。

次の例と同じような状況であれば、原因はPHPのバージョンではないかと思われます。

随分前に設定したWordPressが現在も稼働中で、そこに今回、新しいWordPressを設定したとします。ちょうどそれが独自ドメイン+常時SSLで、さくらインターネットの常時SSLのプラグインを使いたいというケースだったとします。

随分前にWordPressを設定したとすると、PHPのバージョンはおそらく「5.x」しかし、SSLプラグインは「5.x」では動かないので、PHPのバージョンを「7.x」に上げたとします。

ここで問題が生じます。新しく設定するWordPressは問題ないのですが、PHPが「5.x」から「7.x」にバージョンアップしたことで、何年も前に設定した方のWordPressが動かなくなってしまう可能性があるのです。この場合、「HTTP ERROR 500」が出て、アクセスできなくなってしまいます。

解決策としては、PHPのバージョンを古いものに戻すしかないのですが(上記の管理画面で元に戻すことは可能です)、それをする、常時SSLのプラグインを使うことができなくなってしまいます。

何年も前に設定したWordPressの設定を放置していたのでこういうことになったわけですから、古い方のWordPressがPHPの「7」で動くようにするしかありません。

時間があれば、です。

私の場合は時間がなかったので、さくらインターネットのレンタルサーバーの契約をもう一つ増やしました。過去に設定したWordPressは前から契約していた方のレンタルサーバーで動かして (PHPは5.x) 、常時SSLのプラグインが使いたい方は、新しく契約した方のレンタルサーバー(PHPは7.x)で動かすことにしたわけです。

-WordPress
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さくらインターネット レンタルサーバー /  無料SSLでWordPressサイト構築

バリュードメインで独自ドメインを取得した後、さくらインターネットで無料SSLを使ってWordPressを設定するまでの流れを説明します。 バリュードメインでドメイン取得 まずバリュードメインでドメイン …

WordPress で TwitterOGP を簡単設定(プラグイン利用)

プラグイン「Yoast SEO」を導入して有効化します。 「SEO」→「ソーシャル」→「Twitter」タブを開いて、「有効」になっている状態で「変更を変更」をクリックすれば、設定は完了です。 これで …