comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無消費

最大の競争相手は、なんらかの困難があって患者が何もしないこと、つまり「無消費」だと、チームは結論づけた。クレイトン・M・クリステンセン『ジョブ理論』P207 そこでメドトロニックは、マーケティング戦略 …

おすすめベストセラー

『イノベーションのジレンマ』の著者、クレイトン・M・クリステンセン教授による、21世紀のベスト・オブ・ビジネス書 「ジョブ」とは 「ジョブ」とは、ある特定の状況で人が遂げようとする進歩。 「ゴールへ向 …

「原因」の探求 何を探せばいいかを知ること。(『ジョブ理論』)

何を探せばいいかを知ること。 何が何を引き起こすのかを予測できる理論があれば、画期的なイノベーションを運任せにする必要はなくなる。 クレイトン・M・クリステンセン『ジョブ理論』P144

「ジョブ」と「ニーズ」の違い(『ジョブ理論』)

ジョブ機能だけでなく、 顧客がいま何に苦労しているのかという社会的および感情的な側面も考慮する。ニーズ顧客がいま何に苦労しているのかという社会的および感情的な側面は考慮せずに、機能面ばかりを重視しがち …

課題の探し方(『ジョブ理論』)

参考文献)クレイトン・M・クリステンセン『ジョブ理論』P59 項目名切り口解説例1成し遂げようとしている進歩その人が成し遂げようとしている進歩は何か。求めている進歩の機能的、社会的、感情的側面はどのよ …