Google Analytics GTM

GA クリックイベント計測をGTMで設定 /  「Page Path」が(not set)になった場合の対処法

投稿日:

GTMでクリックイベント計測を設定する方法をご説明します。ここでは、ページ内のどこかで、Amazonのアフィリエイトリンクがクリックされたらイベントが発生するようにしておきます。タグは下記のように設定します。

組み込み変数「Page Path」:「ヒットが発生した時点での閲覧ページのPath」を取得します。イベントタグを作成した場合に、「どのページでイベントが発生したか」というデータを取得したい時に、この変数を使います。「Page Path」変数はヒットが発生した時点での閲覧ページのPathを取得してくれます。

「非インタラクション ヒット」の意味は下記の通りです。「真」にすると、「イベントが発生しても発生しなくても、直帰は直帰、離脱は離脱とみなします」という意味になります。「閲覧⇒イベントクリック⇒直帰」となった場合に、「直帰」と判定します。

非インタラクションヒット※「真」 ⇒ 直帰率やページ滞在時間に影響を与えない
※「偽」 ⇒ 直帰率やページ滞在時間に影響を与える

トリガーは、「amzn.to」(Amazonアフィリエイトの短縮URL)を含むURLがクリックされた場合に発火するように設定しました。

さて、上記のトリガーで計測を始めたところ、イベントの「ラベル」で「Page Path」を取りたかったのに、下記のように (not set) になってしまいました。


「Page Path」が取得できるはずが(not set)に

そこで下記のように「タグの配信を待つ」「妥当性をチェック」の両方にチェックを入れて、計測してみることにしました。 。

「タグの配信を待つ」「妥当性をチェック」の両方にチェックを入れて計測したところ、下記のように「Page Path」が取得できるようになりました。

-Google Analytics, GTM

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「商品リストの閲覧回数」「商品詳細表示」 / 拡張eコマース

〇 拡張eコマースを使うと、販売した商品ごとの単価や売上高が分かる。  × 拡張eコマースは特殊なタグの設置は不要で、管理画面で設定すれば利用できる。  × 拡張eコマースを使うと、商品ごとの商品ペー …

直帰率などのコメント定型文集(ウェブ解析レポート用)

ウェブ解析レポートでよく使うコメント文例をまとめました。 直帰率 ●月の直帰率は前月比●ポイントの●%でした。企業サイトの平均的な直帰率である50%を上回っていますが、広告集客の割合が高い場合は、やむ …

Google Analytics / 関係者のアクセス除外

関係者への告知用文章 Google Analyticsによるウェブ解析を行う際に、初期設定状態だと、関係者のアクセスも計測してしまいます。関係者のアクセスは、データを解析する際に、本来よりも平均滞在時 …

Google Analyticsの基本的な導入手順

まずはGoogle Analytics(以下、GA)で新しいアカウントを作って、トラッキングIDを取得。Google タグマネージャ(以下、GTM)で新しいアカウントを作成。GTMのタグをウェブサイト …

Google AnalyticsとGoogle Search Console (サーチコンソール)の連携

Google Analytics(以下、GA)にログインするのと同じGoogleアカウントでGoogle Search Consoleにログイン。「+プロパティを追加」をクリック。 Google Se …