Google Analytics GTM

Google Analyticsの基本的な導入手順

投稿日:2018年12月30日 更新日:

Google Analytics
  1. まずはGoogle Analytics(以下、GA)で新しいアカウントを作って、トラッキングIDを取得。
  2. Google タグマネージャ(以下、GTM)で新しいアカウントを作成。
  3. GTMのタグをウェブサイトに実装。
  4. GTMでGAを設定。通常の計測を行うだけなら、「このタグでオーバーライド設定を有効にする 」にチェックを入れる必要は無い。
  5. GAの「ビュー」設定で通貨をドルから円に換えておく。念のため、日本時間になっているかも確認。
  6. 同じく「ビュー」設定で「 ボットのフィルタリング 既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します 」にチェックを入れる。
  7. 「/」と「/index.html」の両方にアクセスがあるようなサイトであれば、同じURLが2つのURLとして別々に計測されてしまうことを防ぐために、「ビュー」設定で「デフォルトのページ」の設定をしておく必要があります。
  8. フィルターで自分自身のアクセスも除外しておく。検証したい時に自分自身のアクセスがトラッキングされないと確認ができなくなる場合は、「除外フィルターあり」「なし」で2種類のビューを作って計測するという手もある。具体的な設定方法などについては、「Google Analytics / 関係者のアクセス除外」をご参照ください。
  9. 不要なパラメータで一つのURLが2つ以上に分かれてしまわないようにするために「 除外する URL クエリパラメータ 」を設定します。特に、Facebookが自動的に付与するパラメータについては、対策をしておくことをお勧めします。詳しくは「GAでURL一覧を見る時にパラメータ「fbclid」が邪魔な場合」

-Google Analytics, GTM

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

除外する URL クエリパラメータ / Google Analytics

「除外する URL クエリパラメータ」は「ビューの設定」で設定します。

Google AnalyticsとGoogle Search Console (サーチコンソール)の連携

Google Analytics(以下、GA)にログインするのと同じGoogleアカウントでGoogle Search Consoleにログイン。「+プロパティを追加」をクリック。 Google Se …

Google Analytics / 関係者のアクセス除外

関係者への告知用文章 Google Analyticsによるウェブ解析を行う際に、初期設定状態だと、関係者のアクセスも計測してしまいます。関係者のアクセスは、データを解析する際に、本来よりも平均滞在時 …

直帰率などのコメント定型文集(ウェブ解析レポート用)

ウェブ解析レポートでよく使うコメント文例をまとめました。 直帰率 ●月の直帰率は前月比●ポイントの●%でした。企業サイトの平均的な直帰率である50%を上回っていますが、広告集客の割合が高い場合は、やむ …

Google Analytics / イベントをCVに設定

CV設定でイベントを選択。 どのイベントをCVに設定するかを下記で設定します。GTMで設定したイベントの「カテゴリ」などを変更した場合は、下記のCV設定も変更する必要があります。 これで設定は完了です …