Google Analytics

GAでURL一覧を見る時にパラメータ「fbclid」が邪魔な場合

投稿日:

GAでURL一覧を見る時に「fbclid」が邪魔だと感じられることがあります。「fbclid」パラメータは、Facebookに投稿されたページのURLに自動的にFacebookが付加しているパラメータです。

fbclidパラメータが付いていると、GAでは同じページが別ページと認識されることにより、ウェブ解析作業の邪魔になることがあります。

たとえば閲覧数の多いページをざっと確認しようとしたときに、本来は同じURLなのに「fbclidパラメータ あり」「fbclidパラメータ なし」の2種類のURLがあって、「合計したら5位になるのに、ばらばらだと、それより下の順位」ということになって、邪魔になります。

こういう場合は、GAの「設定」→「ビュー」→「ビューの設定」→「 除外する URL クエリパラメータ 」で下記のように設定しておくと、 「fbclidパラメータ あり」「fbclidパラメータ なし」を合算することができます。

-Google Analytics
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Google Analyticsの基本的な導入手順

まずはGoogle Analytics(以下、GA)で新しいアカウントを作って、トラッキングIDを取得。Google タグマネージャ(以下、GTM)で新しいアカウントを作成。GTMのタグをウェブサイト …

除外する URL クエリパラメータ / Google Analytics

「除外する URL クエリパラメータ」は「ビューの設定」で設定します。

直帰率などのコメント定型文集(ウェブ解析レポート用)

ウェブ解析レポートでよく使うコメント文例をまとめました。 直帰率 ●月の直帰率は前月比●ポイントの●%でした。企業サイトの平均的な直帰率である50%を上回っていますが、広告集客の割合が高い場合は、やむ …

「商品リストの閲覧回数」「商品詳細表示」 / 拡張eコマース

〇 拡張eコマースを使うと、販売した商品ごとの単価や売上高が分かる。  × 拡張eコマースは特殊なタグの設置は不要で、管理画面で設定すれば利用できる。  × 拡張eコマースを使うと、商品ごとの商品ペー …

Google AnalyticsとGoogle Search Console (サーチコンソール)の連携

Google Analytics(以下、GA)にログインするのと同じGoogleアカウントでGoogle Search Consoleにログイン。「+プロパティを追加」をクリック。 Google Se …