Google Analytics

GAでURL一覧を見る時にパラメータ「fbclid」が邪魔な場合

投稿日:

GAでURL一覧を見る時に「fbclid」が邪魔だと感じられることがあります。「fbclid」パラメータは、Facebookに投稿されたページのURLに自動的にFacebookが付加しているパラメータです。

fbclidパラメータが付いていると、GAでは同じページが別ページと認識されることにより、ウェブ解析作業の邪魔になることがあります。

たとえば閲覧数の多いページをざっと確認しようとしたときに、本来は同じURLなのに「fbclidパラメータ あり」「fbclidパラメータ なし」の2種類のURLがあって、「合計したら5位になるのに、ばらばらだと、それより下の順位」ということになって、邪魔になります。

こういう場合は、GAの「設定」→「ビュー」→「ビューの設定」→「 除外する URL クエリパラメータ 」で下記のように設定しておくと、 「fbclidパラメータ あり」「fbclidパラメータ なし」を合算することができます。

-Google Analytics
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Google Analytics / イベントをCVに設定

CV設定でイベントを選択。 どのイベントをCVに設定するかを下記で設定します。GTMで設定したイベントの「カテゴリ」などを変更した場合は、下記のCV設定も変更する必要があります。 これで設定は完了です …

除外する URL クエリパラメータ / Google Analytics

「除外する URL クエリパラメータ」は「ビューの設定」で設定します。

GA クリックイベント計測をGTMで設定 /  「Page Path」が(not set)になった場合の対処法

GTMでクリックイベント計測を設定する方法をご説明します。ここでは、ページ内のどこかで、Amazonのアフィリエイトリンクがクリックされたらイベントが発生するようにしておきます。タグは下記のように設定 …

Google Analyticsの基本的な導入手順

まずはGoogle Analytics(以下、GA)で新しいアカウントを作って、トラッキングIDを取得。Google タグマネージャ(以下、GTM)で新しいアカウントを作成。GTMのタグをウェブサイト …

Google AnalyticsとGoogle Search Console (サーチコンソール)の連携

Google Analytics(以下、GA)にログインするのと同じGoogleアカウントでGoogle Search Consoleにログイン。「+プロパティを追加」をクリック。 Google Se …