Google データスタジオ / Google データポータル

データポータルでページURLをグルーピングするCASEの正規表現

投稿日:2019年2月1日 更新日:

CASE
WHEN REGEXP_MATCH(ページ,”(.*/aaa/.*)”) THEN “あああ”
WHEN REGEXP_MATCH(ページ,”(.*/bbb/.*)”) THEN “いいい”
WHEN REGEXP_MATCH(ページ,”(.*/ccc/.*)”) THEN “ううう”
ELSE ” ” END

-Google データスタジオ / Google データポータル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

指標同士を合計するには / Google データポータル

何でもいいのでフィールドを一つ表示させたら、「データ」を選択して、画面右下の「新しいフィールドを作る」をクリックする。 たとえば、3つの指標を合計するだけなら、左の「使用可能な項目」から選んで、「項目 …

レポートの共有 / データポータル

アイコンをクリック 共有したいGoogle Analyticsのアカウントを入力 「編集者/閲覧者」「通知」を選択 招待者にメールが届くので「開く」をクリック。 上記のような画面が出ることがあります。 …

新規セッション / Googleデータポータル

「セッション」に上記のようなフィルターを掛ければ「新規セッション」になります。 しかしながら「新規セッション」というフィールドは最初から用意されており、上記で作った場合と比べて、数も一致します。

データポータル

CASE関数:New Visitor を新規訪問、Returning Visitor を再訪問と表示する / Googleデータポータル

右下の「新しいフィールドを作…」をクリック 上記のようにすれば、置換できる。 上記のように「新規 / リピーター」(命名は自由)という新しいフィールドを作ることで、”New Visitor …

Googleデータポータル の列幅を複数同時に変更する方法

表を右クリックして、[列のサイズを変更] オプションを選択します。 [データに合わせる] を選択すると、データに応じて表の各列が最適な幅に調整されます。 [均等に揃える] を選択すると、すべての列が同 …