ウェブ解析

GA4、ユニバーサル アナリティクス

Google Analytics ウェブ解析

GA デモアカウント ( 1 Master View) トランザクション数 < コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数 ) となるケースについて

投稿日:

GAデモアカウント( 1 Master View) で、トランザクションが発生していないのに、 /ordercompleted.html に訪問したセッションが時々出現します。

この場合、こうなる可能性があります。
トランザクション数 < コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数)

この、

トランザクション数 < コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数 )
となるケースについて解説します。

トランザクション数はトランザクションが
発生した回数をカウントしています。

一方のコンバージョン数は、今回使用したデモアカウント( 1 Master View)の設定を見ると、

/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ

の「ページ別訪問数」をカウントしています。

下記の集計期間でみると、

集計期間
2020/08/14-2020/08/20

・トランザクション数=18回

・コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数 )=19回

となっています。

こうなる場合の原因は、

トランザクションが発生していないないのに、
/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ
に訪問したセッションがある場合です。

そこで、セグメント:
「/ordercompleted\.html を通過したセッション」

を作って調べたところ、このキャプチャーのように、

「トランザクションが発生していないないのに、」
/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ
に訪問したセッションが1セッション存在しました。

このことから、支払いが完了していなくても、thanksページが表示されることがあることが分かりました。

支払いが完了していないのに
/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ
が表示される現象は、なぜ起こるのか?
については、

・サイトの不具合
・ユーザーが特定の行動をとった時の現象

などが考えられます。

集計期間
2020/08/14-2020/08/20

では、支払いが完了していないのにCVしたセッションは
1回だけでしたが、

集計期間
2020/07/01-2020/08/31

では、7回発生していました。

このような現象がどれくらい頻繁に発生するかは、ECサイトによって異なると考えられますが、少なくともこのデモアカウントのECサイトの効果測定では、

「CVが発生したセッション数」より、「トランザクションが発生したセッション数」をカウントした方が、信頼性が高い場合があるというのが、上記の調査で分かったことです。

-Google Analytics, ウェブ解析

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

データポータルでGAセグメントの同期が無効?(ユニバーサル アナリティクス)

「Google アナリティクスのセグメント」において、「同期が無効です」と表示されるという状況についてのお話です。

GA4( Google アナリティクス 4)クロスドメイン トラッキング

まだまだ進化の途上にある GA4 ですが、今回は、クロスドメイン トラッキングを設定してみたいと思います。

GAの カスタム セグメント を別 アカウント で共有する(ユニバーサル アナリティクス)

せっかく作った「カスタム セグメント」。他のアカウントでも使いたいってこと、ありますよね。あるいは、別のアカウントで作った「カスタム セグメント」を一部変更する方が、ゼロから作るより早い、ということもあると思います。

GTMでGA4導入

GA側の設定 プロパティを作成。 「ユニバーサル アナリティクス」の設定はオプションになっています。 ユニバーサル アナリティクス プロパティは、Google アナリティクスの従来のバージョンで使用さ …

GA UA セグメントで「CVしてない」はどう書くか。複数のCVをORでまとめると結果が少し変わることがある。

複数のCVをORでまとめると結果が少し変わることがある。