ウェブ解析

GA4、ユニバーサル アナリティクス

Google Analytics ウェブ解析

GA デモアカウント ( 1 Master View) トランザクション数 < コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数 ) となるケースについて

投稿日:

GAデモアカウント( 1 Master View) で、トランザクションが発生していないのに、 /ordercompleted.html に訪問したセッションが時々出現します。

この場合、こうなる可能性があります。
トランザクション数 < コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数)

この、

トランザクション数 < コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数 )
となるケースについて解説します。

トランザクション数はトランザクションが
発生した回数をカウントしています。

一方のコンバージョン数は、今回使用したデモアカウント( 1 Master View)の設定を見ると、

/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ

の「ページ別訪問数」をカウントしています。

下記の集計期間でみると、

集計期間
2020/08/14-2020/08/20

・トランザクション数=18回

・コンバージョン数=Purchase Completed(目標 1 の完了数 )=19回

となっています。

こうなる場合の原因は、

トランザクションが発生していないないのに、
/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ
に訪問したセッションがある場合です。

そこで、セグメント:
「/ordercompleted\.html を通過したセッション」

を作って調べたところ、このキャプチャーのように、

「トランザクションが発生していないないのに、」
/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ
に訪問したセッションが1セッション存在しました。

このことから、支払いが完了していなくても、thanksページが表示されることがあることが分かりました。

支払いが完了していないのに
/ordercompleted\.html = いわゆるthanksページ
が表示される現象は、なぜ起こるのか?
については、

・サイトの不具合
・ユーザーが特定の行動をとった時の現象

などが考えられます。

集計期間
2020/08/14-2020/08/20

では、支払いが完了していないのにCVしたセッションは
1回だけでしたが、

集計期間
2020/07/01-2020/08/31

では、7回発生していました。

このような現象がどれくらい頻繁に発生するかは、ECサイトによって異なると考えられますが、少なくともこのデモアカウントのECサイトの効果測定では、

「CVが発生したセッション数」より、「トランザクションが発生したセッション数」をカウントした方が、信頼性が高い場合があるというのが、上記の調査で分かったことです。

-Google Analytics, ウェブ解析

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GTMでGA4導入

GA側の設定 プロパティを作成。 「ユニバーサル アナリティクス」の設定はオプションになっています。 ユニバーサル アナリティクス プロパティは、Google アナリティクスの従来のバージョンで使用さ …

ユニバーサル アナリティクス を新規設定する

※以下のコンテンツは、私が講師を務めさせていただいた、研修、セミナー参加者の方に読んでいただくことを想定して書かせていただいております。もちろん、それ以外の方にとっても役立つ内容を目指しております。 …

ユニバーサル アナリティクス のデータを BigQuery に入れて集計 ランディングページ、参照元、メディア

ページ別ランディング数、離脱数、直帰数、参照元、メディアを集計しました。 こちらの記事を参考にさせていただき、参照元、メディアを追加させていただいた形です。 Google Analytics 360 …

Google アナリティクス | ユニバーサル アナリティクス | 商品データのインポート

商品データのインポートを使用するには、拡張eコマースを使用している必要があります。 データセットの作成 [プロパティ] の[データ のインポート] をクリックします。 「CREATE」をクリックします …

GA4( Google アナリティクス 4)クロスドメイン トラッキング

まだまだ進化の途上にある GA4 ですが、今回は、クロスドメイン トラッキングを設定してみたいと思います。