ウェブ解析

GA4、ユニバーサル アナリティクス

Git GitHub Google Apps Script GitHub アシスタント

Google Apps Script GitHub アシスタント で、 Error [github assistant] undefined と表示される

投稿日:


以下の通り、エラーが表示されることがあります。

ユーザーがApps Script APIを有効にしていないことが原因と考えられます。

https://script.google.com/home/usersettings

にアクセスして有効化し、再試行してください。

Google Apps Script GitHub アシスタント とは?

Gogole Apps ScriptのコードをGitHubなどのSCM (Software Code Management) サービスで管理できる様にしてくれる Google Chromeの拡張機能です。

ログインしたらRepositoryボタンから既存のレポジトリを選択するか、 Create new repoを選んで新しいレポジトリを作って管理します。

レポジトリとブランチを選んだら、 その右にある矢印ボタンの上向きのものを押すと今保存してあるファイルを commit & pushすることが出来ます。

コメントを入れてcommit。

送られるのは現在のプロジェクトで作っている全ての.gsファイルと.htmlファイルです。

逆にGitHub側でアップデートがあってそれを取り込みたい場合は下矢印のボタンを押すと、変更点が表示されるのでよければPullします。

これらのcommitやpullはGAS側にレポジトリを保持しているわけではなく、 一時フォルダでその都度行う様な形になっています。

したがって、GASでの作業中にGitHub側で何か変更があっても、GASからcommit & pushすれば その次の状態としてGASで保存された状態が送られます。

また、pullする際には、GAS側でGitHubに送っていない変更があってもそれは無視されて 上書きされる形になります。

もし、パスワードとかトークンとかを使うスクリプトを書いていて、それらは外したい、といった場合、 別途secrets.gsなどといった別ファイルを作り、その中で値を設定しておいて、 オプションからsecrets.gsだけ送らないようにする、ということも出来ます。

-Git, GitHub, Google Apps Script GitHub アシスタント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GitHub – リモート リポジトリの削除方法

“Settings”をクリック。 フッター付近まで下がっていくと、”Danger Zone” があります。その中に、”Delete this …

[ GitHub ] Sourcetreeを導入後、プッシュしようとしたらcredentialHelperSelectorと出た

credentialHelperSelector サーバにpushするときに、credential=認証情報(ユーザ名、パスワード)が必要です。pushを実行するたびに認証情報を毎回入力するのは面倒な …