ウェブ解析

GA4、ユニバーサル アナリティクス

Git GitHub Sourcetree

[ GitHub ] Sourcetreeを導入後、プッシュしようとしたらcredentialHelperSelectorと出た

投稿日:

credentialHelperSelector

サーバにpushするときに、credential=認証情報(ユーザ名、パスワード)が必要です。
pushを実行するたびに認証情報を毎回入力するのは面倒なので、そこを助けてくれる(helper)のがCredential Helperです。

Credential Helperにはいくつか種類があるので、どれを使いたいかを選んでください、というメッセージです。

  • no helper → helperを使わない = pushするたびに毎回ユーザ名、パスワードを自分で入力する
  • manager → Git Credential Manager for Windows を使う
  • store → git-credential-storeを使う
  • wincred → git-credential-wincredを使う

store:パスワードを平文で保存するのであまりお勧めできない。
managerとwincred:普通に使う分にはあまり違いはない。どちらもWindowsの資格情報に暗号化されて保存される。

パスワードをどこにも保存したくなければ、no helper
楽をしたいなら、manager

-Git, GitHub, Sourcetree

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Google Apps Script GitHub アシスタント で、 Error [github assistant] undefined と表示される

以下の通り、エラーが表示されることがあります。 ユーザーがApps Script APIを有効にしていないことが原因と考えられます。 https://script.google.com/home/us …

GitHub – リモート リポジトリの削除方法

“Settings”をクリック。 フッター付近まで下がっていくと、”Danger Zone” があります。その中に、”Delete this …