ウェブ解析

GA4、ユニバーサル アナリティクス

Google Analytics Google データスタジオ / Google データポータル セグメント ユニバーサル アナリティクス

GAの カスタム セグメント を別 アカウント で共有する(ユニバーサル アナリティクス)

投稿日:

せっかく作った「カスタム セグメント」。他のアカウントでも使いたいってこと、ありますよね。あるいは、別のアカウントで作った「カスタム セグメント」を一部変更する方が、ゼロから作るより早い、ということもあると思います。

「ビュー」の「アセットの共有」をクリック。

共有したいセグメントにチェックを入れます。

「テンプレートのリンクを共有」を選んで「共有」ボタンをクリック。

表示されたURLをコピー。

ということで、ここから先は、共有先のアカウントでの作業となります。

2つのアカウントを別タブで開いておけば、作業は楽かと思います。

共有先のGoogle アナリティクスにログインした状態でURLをクリックすると、上記のような画面になります。あとは、プルダウンメニューで使用するビューを選択して、「作成」。

共有先のアカウントでも、セグメントが使えるようになりました。

ここで、データ ポータルからのセグメントの呼び出しについて整理しておきましょう。

今回

元々「アカウントA」で使っていたセグメントを

「アカウントB」に共有して使うことになったとします。

更に、「アカウントA」で作ったデータ ポータルのレポートに、「アカウントB」を招待して、「アカウントB」で作業をするとします。下記の「3」は、そのままでは使用できないので、「2」、つまり、「アカウントA」から「アカウントB」に共有する必要があります。

1「アカウントA」で作ったセグメントで、データポータルに適用済「アカウントB」の作業で使用できる。
2「アカウントB」で作ったセグメント
または、
「アカウントA」で作って⇒「アカウントB」に共有したセグメント
同上
3「アカウントA」で作ったセグメントで、データポータルに、まだ適用していない「アカウントB」の作業で使用できない。

-Google Analytics, Google データスタジオ / Google データポータル, セグメント, ユニバーサル アナリティクス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンドユーザーのプライバシーを保護するため、このセグメントはご利用いただけません。続行するには、ユーザー属性の条件を削除してください。

セグメントを掛けすぎると、このようなメッセージが表示されます。 「エンドユーザーのプライバシーを保護するため、このセグメントはご利用いただけません。続行するには、ユーザー属性の条件を削除してください。 …

ユニバーサル アナリティクス のタグ導入(2021年6月版)

主役の座をGA4に奪われてしまった感があるユニバーサル アナリティクスですが、タグを導入してみましょう。 プロパティを作成。 ユニバーサル アナリティクス の設定は「詳細オプションを表示」に隠れていま …

データポータルでGAセグメントの同期が無効?(ユニバーサル アナリティクス)

「Google アナリティクスのセグメント」において、「同期が無効です」と表示されるという状況についてのお話です。

ユニバーサル アナリティクス のデータを BigQuery に入れて集計 ランディングページ、参照元、メディア

ページ別ランディング数、離脱数、直帰数、参照元、メディアを集計しました。 こちらの記事を参考にさせていただき、参照元、メディアを追加させていただいた形です。 Google Analytics 360 …

GA4( Google アナリティクス 4)クロスドメイン トラッキング

まだまだ進化の途上にある GA4 ですが、今回は、クロスドメイン トラッキングを設定してみたいと思います。