ウェブ解析

GA4、ユニバーサル アナリティクス

Excel

ISERROR関数 | Excel関数

投稿日:

ISERROR関数でエラーかどうかを判定する

エクセルのISERROR関数はセルの値がエラーかどうか判定します。 エラーなら TRUE を返します。そこで if 関数と組み合わせて使うと、数式がエラーになるかチェックすることができます。

エラー表示をさせたくない時は ISERROR関数 Excel塾

たとえば、VLOOKUPの記述では、このように使うことができます。

=IF(ISERROR(VLOOKUP(B7,元データフル!$A$9:$K$14,5,FALSE)),0,VLOOKUP(B7,元データフル!$A$9:$K$14,5,FALSE))

-Excel

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした