UI

入力フォームの平均滞在時間

投稿日:2019年7月24日 更新日:

入力フォームのUI改善が成功した場合、平均滞在時間は次のA、B変化が同時に起こる。

A. 平均滞在時間が短くなる動き:

フォームのUIが改善されると、効率よく入力できるので、平均滞在時間が短くなる。

B. 平均滞在時間が長くなる動き:

フォームのUIが改善されると、「早い段階で入力を諦めて離脱するユーザー」の割合が減り、しっかり入力してくれるユーザーの割合が増えるので、平均滞在時間が長くなる。

上記A, Bの変化が同時に起こった結果として入力フォーム改善前に比べて、平均滞在時間は短くなることもあるし、長くなることもある。したがって、平均滞在時間は、CVRのような改善の成否を見るための指標としては使うことができない。ただし、改善の前後で変化があったことは把握しておく必要がある。

-UI

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした